2009年11月04日

香水タイプ〜シプレー〜

香水タイプシプレー。ヨーロッパ中央部のオークスという苔をベースに、ベルガモット、オレンジ、バラ、ジャスミン、ウッディーノート、ムスクなどを加えて調合された、甘さを抑えた個性的で女らしい香りがシプレー系です。落ち着きのある、成熟した女性をイメージさせます。シプレーと名前は、コティ社の香水シプレーからきています。

格調高く重厚的なシプレー系の香りは、シックでエレガントなフォーマルドレス、クラシックな装いなどのシーンに。きっと、落ち着いた大人の女性の魅力を演出できるでしょう。
posted by 山田太郎 at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。