2009年12月11日

香水のルールを。

香水にはふさわしい使い方がありますが、昼間のオフィスから夜のパーティーに直行しなければならない場合など、香り拝承のように簡単に着替えられません。

今つけている香りの上に、全く違うタイプの香りを重ねると、二つの香りが混じって不快なにおいになることがあるからです。そこで、香りが混ざらない上手な香水の着替え方を紹介します。

香りを付け替える予定があるときには、香りが残りやすいところにはつけないことです。服はもちろん、耳の後ろも避け、手首にだけつけるようにします。手首なら洗い流すことができるからです。
昼はポケットチーフやスカーフなどにつけ、夜になったらそれを外して肌につけるという方法もあります。

また、香りは重ねないのが原則ですが、例外として香りを重ねられる組み合わせもあります。ワンランク上のテクニックです。

昼がシトラス系なら夜はグリーン系やフローラル系。
昼がグリーン系なら夜はフローラル系やシプレー系。
昼がフローラル系なら夜はオリエンタル系やシプレー系。

といった感じです。ただ1人ひとり体臭が違うので同じ香水をつけても、全く同じことはありえません。
自分に合ったものを見つけましょう。
posted by 山田太郎 at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。