2009年08月20日

人気香水〜知的〜

知性を感じさせる香水で働く女性から支持される存在に!!!!

第一位 ユニセックスでも使える中性的な香りが人気!!
CREED VETIVER

ベルガモット、マンダリンの爽やかさにスパイシーなホワイトペッパー、エキゾチックなコリアンダー、サンダルウッドをプラス。深みあるベチパーの新しい魅力を引き出したユニセックスで楽しめる都会的な香水。

仕事できるイメージが…女性に!!!さりげなくつけると!!


第二位 現代紳士の纏う香りは知的な頼れる男を演出
ダンヒル ロンドン オードトワレ

弾けるフレッシュさのあるアップルやカルダモンに、英国の象徴であるローズのユニークさ、温かみのあるマスキュリンでエレガントなノートに続く、リッチでトラディッショナルなロンドン紳士の魅力を現代的にアレンジ。

万人うけするオトナの男の香水!!


第三位 頼もしい男を感じさせる知的かつソフトな香り
ライジングウエーブ リスクブラック

レモンの酸味とビターなベルガモットビアー、ピーチの甘さが香り、続いてユリとジャスミン、ブルーポピーと洗練の香りをはなつ。ラストのバニラ、アンバーの色気が密かに包まれたくなる気持ちにさせる!?

スマートで笑顔の素敵な男性に!


第四位 知性とスポーティさを兼ね備えれば恐いものなし
アリュール オム スポーツ コロ−ニュ スポーツ

日差しを浴びた柑橘系の香りをスパイシーなエレミの香りでひきしめた、爽やかな香りは、まさに朝のシチュエーションにもぴったり。スポーツを楽しむ精神を持つ男性のために開発された香水。

キレイめカジュアルな日にぴったり!


第五位 女心をくすぐる一輪の花のような繊細さ
ケンゾーパワー

ベルガモットやコリアンダーなど抽象的な花の香りが気品と繊細さを表現。スパイシーな香りと柑橘系の香りがみずみずしく爽快に混ざり、ラストはウッディーとアンバーが香り立つ。

爽やかさの中にオトナっぽさを感じる!
posted by 山田太郎 at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

人気香水〜爽やか〜

爽やか香水!!!!

第1位 第一印象アップにも役立つすかれる香水!
CLINIQUE HAPPY FOR MEN

一般的なトップ・ミドル・ベースノートの時間差で香るのではなく爽やかなシトラスや温かい木のぬくもりを感じさせるなど3つのアコードからなる香りは、それぞれがバランスをとりながら持続的に香る。

ドライブデートやゴルフなど健康的なお昼のイメージが強い、爽やか系香水。


第2位 活力と鎮静を感じさせる絶妙な大人バランス!
Paul Smith STORY

香りはフレッシュなウッディノートから始まり、クライマックスは透明感のあるジャスミンなど。結末はマスキュリンな印象に。「本が好き」というポールスミスならではの本型ボトルデザイン。

ほんのり香る爽やかさ。元気な男の子にぴったり!?サーファーにはもってこい。


第3位 クラシカルな男らしさの中に清潔さが際立つ!
DIESEL FUEL FOR LIFE

ウイスキーのスキットルを連想させるボトルが特徴。クラシカルな男らしい香料の製方を反映した、もっとも古い調合法を採用し、クマリンのベースにラベンダーとスターアニスが醸し出す香りが新鮮。

落ち着いた大人を漂わす香水。仕事場で…アピールも!?


第4位 クラシックとモダンの相乗効果!
プラダ インヒュージョン オム オードトワレ スプレー

大人を感じさせる相反するイメージ要素を絶妙なバランスで完結させた香り。フレッシュなネロリに優雅なイリスパリダ、リッチで洗練されたベチパー神秘的なインセンスなどのハーモニー。

爽やかさに深みがあり、できる男のビジネスマンをひきたてます。


第5位 洗練されたシンプルなデザインと香りが爽やか!
RALPH LAUREN FRAGRANCES

フレッシュなシトラスグリーンのトップから、フルーティーのニュアンスのあるミドル、そしてウッディーなラストノートへと変化。グリーンで透明感のある現代的な男性を表現。

スマートさを感じさせる爽やかさ。パーティーにいいかも。
posted by 山田太郎 at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

香水 DONNA KARAN

DONNA KARAN
 機能的で美しく、着心地が良い。このあたりまえのようで、実は困難とされる女性ファッションの必須三大要素をダナ・キャランのコンセプトは満たしています。ニューヨークに生まれ育った彼女の感性は、まず現地のエグゼクティブ・ウーマンたちから圧倒的な支持を得ましたが、それは着る人に優しく、着まわしのきく機能性を持ち、さらに官能的でもあるコレクションに、ダナのコンセプトがしっかりと表現されていたからです。
 香水もまた、そんな彼女の感性を表現しています。知的なワーキングウーマンが身につけるアクセサリーとして衝撃的でビューをはたした『ダナ・キャラン』の斬新で芸術的な香水ボトルのデザインは、夫であるステファン・ライスが手がけています。カサブランカの花のクリスタルな甘さを特徴とし、洗練された粋な女性に似合う香りです。
 また、限定発売された『カオス』は、混沌とした状態という意味にふさわしく、上品な軽やかさを備えた穏やかでゆっくりと流れる空間のイメージです。天然のエッセンスで構成された香りは、疲れた心身をやさしくいたわってくれます。
posted by 山田太郎 at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

香水 GIORGIO

GIORGIO

 ゴージャスに立ち並ぶスターたちの豪邸、かもめが遊ぶサンタモニカの心地よい風、フェニックスがそよぐ高級ストリート。アメリカンドリームそのもののようなビバリーヒルズで生まれた『ジョルジオ』は、1981年の発売以来、ウエストコーストの自由な明るさを世界中にアピールし続けています。若々しい華やかさと、はじけるような太陽の恵みを受けたその香りは、思いきり陽気でウキウキさせてくれます。
 そして最近のナチュラルブームにのって登場した香水がさっぱりした使い心地の『ジョルジオ・エア』です。弾むような軽やかさと、真夏の暑さを吹き飛ばすような清涼感が日本でもファンを増やしました。
 ところが、いち早く時代のニーズをキャッチするアメリカンフレグランスのリーダー、ジョルジオが発信するメッセージは心に、そして体にもやさしい『オーシャン・ドリーム』です。ビバリーヒルズの高級なイメージを損なうことなく、今度は海への憧れをテーマにしました。アクアフローラルの透明感あふれるさりげない甘さは、もっと気軽に楽しむことを教えてくれます。
posted by 山田太郎 at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

香水 LORISAZZARO

LORISAZZARO

 夜を一番美しく彩るデザイナーと呼ばれるほど、彼は夜会服、つまりエレガントなドレスを創り出す天才的なデザイナーです。当然、ヨーロッパなやアメリカのスター達は彼のドレスを競うように身につけています。そして、香りもまた転生のセンスでプロデュースされ、世界中で好評を博しています。
 透明感のある香水で日本でも話題を呼び、ロングセラーを続ける『アザロ9』は、心地よいさわやかさとフリージア、アイリス、ジャスミンなどの優しい甘さが受け入れられました。また日本で発売された『オ−・ベル』は、若々しくキュートな香りにぴったりの愛らしくリズミカルなボトルが印象的でした。
 クロームは、今までとは全く違うフレキシブルな男性用の香水です。ムスクとスパイシーシトラス がセンシャスに入り混じった新しさは、必要以上に男性を意識させず、21世紀らしい価値観を押し出しています。積極的に男性をアピールすることにより、むしろナチュラルに気持ちの良さを素直に伝えることを重視した、男の新しい必需品といえそうです。


posted by 山田太郎 at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

香水 JEANPATOU JEANPATOU

JEANPATOU
 パリがモードの中心となった輝かしい歴史の一ページを飾るのがジャン・パトウその人でした。1919年メゾンを開設し、その洗練されたエレガントなファッションは、パリ社交界はもちろん、世界中の名声を博する結果となったのです。
 ジャージ素材のスポーツウェアやニットの水着など、次から次へと革新的なファッションを発表し、いきいきとした女性美を提案してきたジャン・パトウが作り出す香水はやはり洗練され、華麗で輝きのある逸品ばかりです。
 代表格といえば、ロングセラーを誇る『ジョイ』と『ミル』に尽きるでしょう。特に『ジョイ』は、ブルガリアンローズとグラースのジャスミンを調香した高品質な香水として有名です。
 そして、はるか遠い海に浮かぶ蜃気楼のようなヴォヤジェールが生まれました。旅とネーミングされた香りは、憧れとロマンに満ちています。つけた瞬間は自由な透明感に刺激され、時がたつにつれフローラルと樹木の温かく深みのある香りが残り、未知の国のロマンを語ってくれるのです。
posted by 山田太郎 at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

香水 PALOMAPICASSO

PALOMAPICASSO
 あまりにも有名な画家パブロ・ピカソの愛娘、パロマ・ピカソは、現在ジュエリー、バッグ、ガラス器などのデザインを手がけ、さまざまな分野で父親譲りの才能を発揮しています。同時に調香師を祖父に持つパロマの香水に対するこだわりは著しいものがあります。香水、ボトル、パッケージにいたるまで、彼女自身が抜群の集中力と感性で挑み、自分の気に入った香りだけしか発表しないという徹底ぶりは見事です。
 『パロマ・ピカソ』はエキゾティックでクールな知性を同時に感じさせる、しなやかで都会的な香りです。ジュエリーやガラス器デザインも手がけるパロマだけに、その香水ボトルは存在感と美しさが見事に調和した芸術品です。
 魅惑という名の香り『トンタシオン』。パロマいわくかつてない大輪の花、味わったことの無い喜びに満ちた香水です。女性は限りない誘惑によって美しく、そしてエレガントに彩られていきます。挑発的でありながら凛とした冷たさを感じさせるその香調は、この上ない神秘的な世界を表現するのです。
posted by 山田太郎 at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

香水 KENZO 

KENZO 

 自然とファンタジー。例えば明るい陽ざしと小鳥のさえずり、草原の風にうなずくトロピカルな花々。ケンゾーのファッションから、そして香水からも、そんな風景がイメージされます。
 夏の日の午後、麦わら帽子の陽ざしの匂いと高原のすがすがしいグリーン、そして透明な空気の香りを全部閉じ込めたような『ケンゾー・エテ』。そして海の香りがさわやかな『ケンゾー・オム』に『ケンゾー・ジャングル』。自然とファンタジーが織りなすケンゾーの世界はいつも私たちの遠い記憶を呼び覚ますような懐かしさにあふれています。そのセンスはボトルデザインにも発揮され、新しい香水が発表されるたび世界中のフリークたちを唸らせます。
 そして、ケンゾーが着目したのは男女の枠をとりはらったナチュラルでピュアな香り『ロー・パ・ケンゾー』でした。限りなく続く海と水のように透明感のある甘さが気持ちを癒してくれるライトな香水です。24時間楽しめるフレッシュですがすがしい使い心地は、ビジネスシーンでも、またシェアフレグランスとしても活躍することでしょう。
posted by 山田太郎 at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

香水 BOUCHERON

BOUCHERON
 宝石を身につけること、それは女性にとって至福のひと時です。魔力を持つ宝石の輝きによって自分自身のエレガントな部分が引き出され、自信にあふれたいきいきとした表情で華やかに美しくふるまうことができるからです。そんな女性に秘められた美しさを知り尽くした高級宝石店ならではの香水は、女性たちをさらに鮮やかに演出します。
 ブシュロンのアトリエでデザインされたリングボトルの『ブシュロン』は、深みのある女性らしい香水です。エキゾティックで神秘的なその香水に心を奪われた女性も少なくないでしょう。
 そして次に彼女たちを夢中にさせているのは、伝説に彩られるインドの街、ジャイープルにちなんでネーミングされた香水です。ジューシーなフルーツと摘たての花束の香りが、さわやかでありながら洗練されたい印象を与えます。そしてラストは、しなやかで落ち着きのある深みを感じさせます。
 インドに伝わる幸福のブレスレット、ノーラタンに託された女性たちの願いと、パリの五大宝飾店のひとつであるブシュロンの技術とまごころによって生まれた魔法の香水です。
posted by 山田太郎 at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

香水 FENDI

FENDI
 1918年、創業者アデーレ・カサグランデは、ローマのヴェネチア広場にハンドバッグなどの革製品を扱うメゾンを開きました。その後、ハリウッドで毛皮ファッションが注目されたのをきっかけに、世界中の毛皮を集めてコートを仕立てたところ評判になり、フェンディは毛皮コートのブランドとしてその名を知られるようになったのです。
 そんな老舗の一流のブランドのひとつであるフェンディの香りは、1985年に発表された『フェンディ』があります。天然香料を贅沢に使ったせみオリエンタルノートで、華やかな大人の女性に似合う香水です。
 そして、代表作『ファンタジア』は『フェンディ』のリッチな雰囲気とはがらりと変わって軽やかで、それでいてほんのり女性らしい華やかさとエレガントさを感じさせる現代の香りです。その可愛らしい姿は、発売と同時に話題を呼びました。サイズごとに色を変えたボトルには、赤、青、緑のイタリアンカラーが施されています。イメージを裏切らないオレンジブロッサムやカシス、そしてフルーツとウォーターリリーの香りが魅力的です。
posted by 山田太郎 at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。